恋金術師†尚叡の秘蜜結社

恋もお金も自由自在の潜在意識調律とユダヤの叡智♪
携帯公式メニュー『ソルシェ-運命を知る聖-』業界異例の有料会員様2万名突破!有り難うご財増す☆
<< 肉体美 | TOP | 白バイごっそり >>
着床
…って聞きますと、皆様どんなものを想像されますでしょうか?
例えば「大辞林」なんかで引いても出てくる答えはお決まりのアレですねぇ。

とは言え、私が車を停めているゴンドラ式の駐車場の操作画面にも堂々と使われている言葉でもあります。
ちゃ、着床!?
車を載せるトレー状のゴンドラがグルグルと地上数十メートルの高さまで上がり下がりし、この画面では何番のゴンドラが一番下に来ているかを表現する言葉として使われているのですが、すんなりと納得出来ちゃう言い回しですね。
つか、シックリくる。
これ以上の言葉は在るかな…これ、たぶん画面の癖?的にオフィスコンピュータでよく使われていたコボルという言語で開発されたプログラムだと思うので、文字やレイアウトの制限などから「全角2文字でキメなくては」という使命感なんかもあったのでしょう。
狙ったのか、潜在的に頭に在ったが意味が解からず使ったのか。
ともあれ隣の「呼び」は微妙ですが、「着床」に関して言わせて頂けば、元開発者として見ても流石だと感じました(>_<)
人生とはネタ探しの旅 | 23:55 | author 尚叡(しょうえい) | comments(2) | trackbacks(0) -
0
    コメント
    謎と言うか、趣味は広く深くがモットーですからね、何事にも興味を持ったら時間と情熱とマネーを惜しみなく注ぎ込んでしまいますね(^_^;)
    生き方もその延長です。
    2008/06/17 7:08 PM by 尚睿
    尚叡さまって謎だらけ・・・
    コンピュータ関係にも携わるし、それとは関係ない霊視もする・・・
    本当に何者といつも思ってしまうんですけど、
    よくわからない方がかえって謎の解きがいはありますv(*'-^*)b
    私はコンピュータとか苦手で><
    命をはぐくむ着床のほうが好きですけどね(^▽^;)
    2008/06/16 2:46 PM by 夕顔
    コメントする










    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック